知りたいわきがの治し方のコツを解説

誰でも汗を出す汗腺を2種類持っているのですが、わきがの人はアポクリン腺という汗腺が特に多いようです。汗腺の量は人により様々なので、わきがだと気付いたら、体質改善を試みながら、体臭を軽減させるケアを行っていきましょう。汗は、もともとは無臭なのですが、皮膚の表面や衣類に着いて雑菌が付着すると、臭いを放つようになります。特にアポクリン腺から出る汗は臭いがきつくなりやすいです。また、汗が乾いても、皮膚や衣類に付着した臭いはずっと残ってしまうので、汗がひいてもケアを忘れないようにしましょう。汗をかいたら下着を替え、汗取りパッドを交換して、わき周辺の肌は汗が乾いた部分も、汗拭きシートや濡れタオルで拭き取るようにします。制汗剤は無香料のものを選び、わきが臭を強めないようにしましょう。

身体の中からわきがを改善する方法

わきがになる人は、汗腺の数が多いため、外側のケアだけでは改善が感じられないかもしれません。そこで、身体の内側からのケアも大切にしていきましょう。まず、脂っこい食べ物や脂肪の多いお肉は、アポクリン腺から出る汗を増やし、わきがを強めるので、控えめにします。お酒やタバコも同様です。健康のためには動物性のタンパク質の摂取も必要なので、脂身の少ない部位をあっさりした和食メニューで食べましょう。酸化を防いでくれる野菜や海藻類は積極的に摂るのがよいです。また、運動は積極的に行いましょう。あまり汗をかかない生活をしていると、老廃物を溜めてしまうので、ストレスを感じたときや、汗をかいたときのわきがを強烈に強めてしまいます。普段から運動をして適度に汗をかいて、こまめに拭き取るようにしましょう。

すっきり習慣がわきがを抑えます

運動をする時間がとれない場合は、汗をたっぷりかくぐらいの入浴を習慣にするのがおすすめです。入浴中にしっかり汗を流すと、体の中の老廃物とともに毛穴の汚れや皮脂もきれいに流すことができます。疲れを溜めると、わきが臭は強くなるので、サウナを利用してしっかり汗を流すのもよいです。アロマ等の香りのするミストサウナであれば、わきがを気にしないですっきりできます。このように色々対策をしてもわきが臭がまだ気になる場合は、美容クリニック等でアポクリン腺を減らすことや除去する治療を受けることもできますが、その前に脱毛を行ってみましょう。脱毛をすると、皮脂汚れが毛穴に残りにくくなるので、わきがを減らすことができます。自己処理ができる家庭用の脱毛機器はたくさんあるので、入浴とともに脱毛の手入れを習慣化しましょう。