自分では気づきにいわきがの特徴

自分の体臭はエチケットとして、他人からはどう感じられているのかが気になっている人は多いものです。特に汗をかきやすい時期になったり、普段からスポーツをしている人、匂いが出やすい体質の方には、このような自分から発生している匂いは、とても気になってしまいます。体臭の中でも特にわきがというのは、匂いも強かったり独特だったりで、人知れず悩んでいる方も多い問題なのです。自分では気づきにくいこともありますので、他人から指摘されて初めて気づくことになる場合もありますが、多くの人は相手のわきがの匂いを指摘したり言い出しにくいので、心の中では不快に感じていても黙って我慢することが多いです。良好な人間関係の上でも、相手にできれば不快な思いをさせないためにも、このような匂いへの対策はやはり必要なのです。

わきがはいろいろな成分が汗に混じった匂いです

わきがは体の他から出る普通の汗とは違って、ツンとするような独特の鼻につく匂いが特徴であることが多いのですが、肝心の本人には自覚がないことがあります。それは自分ではいつも身近に吸っている匂いということで、鼻もその匂いを嗅ぎ続けることで慣れてしまって、敏感に感じ取る臭覚が低下していることも多いのです。またわきがは、脇から出てくる汗がその匂いの元だと思う方も多いでしょうが、そうではなくアポクリン腺から出てくる汗に匂いの原因があるのです。アポクリン腺から出る汗には、脂質やタンパク質やアンモニア、糖などの成分が皮膚の表面に存在している常在菌に分解されて混ざることによって、体臭の中でも独特の臭いへと変わってしまうのです。さらには皮脂も混ざり合って、わきがはだんだんきつい匂いになっていきます。

わきがは匂い抑制製品や食生活の見直しでも軽減できる

匂いの原因となるアポクリン腺の数や大きさが、個人によって違いますので、わきが臭いの強さは個人差があり、決まっている訳ではありません。一般的には臭いのきつい人はアポクリン腺の数も多く大きいという傾向があります。大きさは思春期の時期が大きいと言われていて、加齢とともに小さくなるとみられています。自分にも他人にも不快なわきがの匂いですから、できるだけ匂うことを抑えたいと考える人が圧倒的に多いです。専用の匂いを抑える制汗剤などは、手軽にスプレーなどするだけで匂い抑制効果がありますので、利用している人も多いですし、ボディーシャンプーでも匂い抑制のある製品があります。また食生活の影響もありますので、高カロリーで高脂肪の肉類などは控えて魚や野菜などを多く摂る食生活を心がけることでも一定の効果があるとされています。

片側づつ手術を行うことによって、仕事や学校を休む必要がございません。 せん除法は、他の治療法では取りきれない汗腺も取ることができます。 当院では、わきがへの治療に強みを持っており、わきがは健康保険で治療が可能なため、比較的低価格で治療が行えます。 10年以上の経験を持つ経験豊富な医師が、最初から最後まで親身になって治療いたします。 AYC銀座整形外科でわきがの治療をしよう!